相続問題

現経営者が死亡した時に、相続財産が会社の株しかなく、会社の経営に関わっていない親族が、遺留分を請求してきた。

cursor

こうなると、遺留分の株に相当する現金等を、次期経営者がその親族に渡すしかなくなる。

cursor

経営者が生きているうちに遺言を作成
遺言は正しくやらないと無効になるトラブルも。
遺言はあっても遺留分侵害額請求の可能性はある。

cursor

経営者が生きているうちに、贈与で次の経営者に株を渡しておく?

cursor

経営継承円滑化法(民法の特例)
一定の要件を満たす後継者が、遺留分権利者全員との合意及び所定の手続きを経ることを前提に、生前贈与株式を遺留分の対象から除外できる。