経営問題

親族、従業員、社外の第三者、誰に継承するにしても、今の会社の重要な問題は解決、
さらに今よりもより魅力的な会社にして渡すのが大事!(会社の磨き上げ)

cursor

致命的な問題のある会社は、誰も会社を継承しないし、魅力のない会社は、誰も引継ぎたがらない。

cursor

子供だから、どんな状態でも会社を継ぐべきだ!という考えは非常に危険。